キヨの開発ブログ

アニメゲームが好きなオタクがswiftを始めてみるよ! https://twitter.com/kiyoapps

【イラスト】絵について/10年前の自分にアドバイスするとしたら

こんにちはー最近超寒いですね、キヨappsです。
今年の東京は夏が全然なかったですよね、そのせいか夏が足りない気分がすごいです。
どこか暖かいところに行きたい…。

 

話を戻しまして、掲題について。
今日は珍しく絵のことについてでも書いてみようかなと思います。
世の中には絵が上手い人がたくさんいるので、もちろん技術については
その人たちの話の方が役立つと思います。


あくまで、私の絵とやり方を振り返ってみるだけですね。
多分自分だけが楽しい記事になる予感ですスイマセンー!


①絵歴


物心ついたときにクレヨン握ってるタイプだったので、
幼少期からずっと落書きしてたと思います。
小学校になると自由帳にラクガキ、そのまま中学高校で美術部、
途中からオタクになって同人に足をつっこむ。
よくあるオタクのパターンですね。

平行して近所のお絵描き教室にも通ってました。
ただ、町の美術教室って「楽しくノビノビお絵描きしましょう」がモットーなんですよね。
なので技術を伸ばすというよりは、油絵のやり方を学んだり、彫刻してみたり、
まあ楽しくやってました。
本当に実力を付けようと思ったら、厳しいかもしれないけど美術研究所の
受験を意識したコースに行った方がいいかもしれません。

 

②絵への姿勢


あくまで第一に勉強があり、その補助的な感じで楽しみながらのお絵描きでした。
なので上手くなるよりも、ずっと楽しく自己流でやり続けてました。
5年ぐらい、「なんかどこか変だな?まあいいか」みたいな感じで
振り返ることもなく絵を描いてはネットに流し~、また絵を描いては流し~を
繰り返してましたね。まあ、それはそれで別に良いんですが。

 

pixivができて、世の中にこんなに上手い人がたくさんいるのか!と驚きました。
その中で講座がいくつもできて、それを読んで試してみると、
確かにこれまでよりも上手く描けているような気がする…と気づき、
亀の歩みではありますが、少しずつ上手くなりたいという気持ちが強くなってきました。

 

③絵でずっと悩んでいたポイント


私がイマイチ上手く描けなくて、なんなら今でも悩むポイントが
「首~肩」なんですよね。描ける人にとってはなんじゃソラと思うかもしれないんですが。
顔は、まあ遠近法に沿ってなくてもなんとなくそれっぽくなるじゃないですか。
そこから下の方に行って、「首~肩」のポイントになると途端に遠近感が
必要になってくるんですよ。奥の肩と手前の肩がちゃんとバランスが取れているように
見せなきゃなんない、特に法則性もない、上手くなるにはひたすら写真とか
見ながらの練習が必要なポイントです。

 

振り返ると難しいポイントだなーと思うんですが、ずっとドツボにはまっていて
「なんかイマイチうまく描けない、でも描き方分からない」となってました。
今でもまだまだ苦手です\(^o^)/

「3Dモデルのようにパースの点を決めてそこから手前に線を引いてポイントを繋げば
正しい人体のポイントになるはず!」とかイマイチよく分からないことを考えていましたが、当然うまくはいきませんでした。

 

④どうやったら上手くなるんだろうか


世の中には色々な上手い人が講座を公開してくれてます。
それを見たらきっと役立つ部分があるでしょう。
でも、完璧に上手い人の脳内の考えを追えるわけではありません。

「絵はすぐには上手くならない」という本がありますが、確かに上達までには
ある程度時間がかかると思います。
個人的には、[写真や実物のデッサン→上手い人の絵の真似→自分の絵に落とし込む]の
3点を何度も繰り返すのかなあと思ってます。
実物だけだと、構図がおとなしくなっちゃったり、どうしても写真のような静かな絵に
なりがちなんで、その次の上手い人は熟練アニメーターとかの、面白い構図を真似るのがオススメです。
ちなみに私は最近全く練習できてません\(^o^)/

 

⑤ネットで反応なくて心が折れる問題


ねー、やる気なくなっちゃいますよね。
何も後ろだてがない人が絵を1枚ぺらっとネットに流してみたところで、
いいねが1.2件つくかどうか、ってのが関の山でしょうか。
見る人も目が肥えてるので、気にも止まらない絵はさっとスルーするでしょう。

なので、ある程度枚数がまとまるまではネットに流さない方が良いのかなあと
思ったりもします。ネットに出すと評価が気になっちゃいますからね。

 

あと、同人限定の話題にはなるんですが、どうしても原作ジャンルの賞味期限はあります。
1年前には大人気だったのに今はぜんぜん人がいない…みたいなこともよくあります。
発表されて新しめの作品の方がファンは熱く盛り上がりやすい、みたいな傾向ですね。
これはもうそういうもんだと割り切るしかない。
周りの状況はそうだと割り切って、その上で自分が何を描くのかの決断になります。

 


以上、なんか最後の方とか若干打算的な見方も入ってきましたが、
自分のために絵について振り返って考えてみました。
1にも2にも練習だな、私も練習しよう…。