キヨの開発ブログ

アニメゲームが好きなオタクがswiftを始めてみるよ! https://twitter.com/kiyoapps

【アニメ】弱虫ペダル放送直前復習上映会vol.2に行ってきたのでざっくりレポートだよ

こんにちは、弱虫ペダル愛好家のキヨappsです。
今週も行ってきちゃいました上映会ー!今回はチケット取りやすかったね。
次回も取りやすいと良いんだけどな。。

 

声優さんの解説ももちろんなんだけど、スクリーンの大画面でちゃんと見るのが好きなんですよねー。
ちょっとかなりざっくりで拾えてない部分も多々あると思うのですが、以下覚書メモの議事録になりますご査収ください。
友達のフォロワーさんに「出勤だね」と言われて、なんか否定できないものがあった・・・w 弱虫ペダルはお仕事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山下さん:黄色い上着、白に緑の模様が入ったTシャツ、黒のダボっとしたジャージパンツ、白スニーカー
鳥海さん;黒帽子、黒上下ジャケット、青シャツ、黒と白のスニーカー
解説:東宝アニメーションの下山さん(先週と同じ)

 

初期の頃を振り返って


鳥海:初めて収録したのは2013年の5月頃?OADのコミック同梱の音声の収録。
山下:あんな緊張する現場はなかった。あれ以降もあれほど緊張することはなかった。
解説)その時の収録では箱根学園は真波くん役の代永さんだけいなくて、それ以外の先輩方は全員いて全員に後ろから見られながらの収録。
山下:もうほんっっっとに緊張しました。
山下:しかもアフレコで靴下に穴が開いてたんですよ。靴脱ぐところだって知らなくて。あっちゃ〜でした。
鳥海:本当に緊張してんだろうなというのがもう一目見てわかった。

 

3期になって


小野田達が2年になって、新しい学年が入ってきた。
それに伴って現場にも1年生役の人が入ってきてどうですか? 小野Dに、宮野さん、福山さん、下野さん。

小野田が名実ともに中心になったように、山下さんも現場の座長? みたいな質問に、めっちゃ恐縮していた山下さん。
そこにかぶせて、「鏑木役の下野さんにも先輩としてこの現場のことを色々教えてあげてるんですよね?」と鳥海さんと下山さんからめっちゃいじられてワタワタする山下さん。
山下:「教えることなんて何もないですよ。一緒に頑張ろうとか・・・」
鳥海・下山:「一緒に頑張ろう(ドヤ)的なねえ」「いやいやいや・・・」

 

スクリーンにキャラのショットが映されてそれについて語る


・初期の今泉
 鳥海:高橋はもう職を失ってしまって・・・(会場笑)今は何やってるんですかね。他の仕事ですか。

(初期の車に乗って登校してるところから、学校前の激坂をママチャリで登る坂道を見出すところなどの思い出を振り返る)
・初期の小野田

(アニメ研究部が廃部になってしまったところから今泉・鳴子と出会うところを振り返る)
・インターハイ後半の今泉・インターハイ後半の小野田

 (対御堂筋くんの今泉の見せ場と、小野田と今泉の連携シーンを振り返る)

 

今泉くんのアニオタぶりの振り返り


スクリーンに1期〜3期までのラブヒメに触れる今泉くんのシーンが映される
鳥海:最初はアニメを全く知らない今泉だったが、途中から熱心な視聴者になってる。リアルタイムでアニメを見ている。
鳥海:小野田が自転車の映像とかを見てる時、今泉がラブヒメを見ていたりして。
もしかすると、今は小野田より今泉の方が詳しいのではないか。

「先週のラブヒメなんだけど~」とか言って小野田に話しかけたら、「あ、う、うん」とか言って逆に小野田がついていけてなかったりして。

 

視聴者からの質問タイム

 

①緊張のほぐし方を教えてください
鳥海:あんまり緊張しないんです。初めてするタイプの仕事だと緊張することもあったんですけど、緊張してもどうしようもないと思って、その仕事の前日は普通にお酒飲んで寝ました。
山下:緊張することはありますけど、もうこういう人生なんだな〜と思ってます。緊張も楽しみながらやってます。


②お互いに見て当初から変わったところは? 2人:体型。入れ替わった(鳥海さんは痩せ、山下さんは太った)
鳥海:最初は初心者ですごく緊張してるなーというのが伝わってきたが、今はすっかり頼れる背中になっている
山下:鳥海さんはあんまり変わらない。鳥海さんは最初からすごく優しくて、台本がめくれなくて僕がワタワタしてる時に「ここはみんなで一緒にめくるんだよ」と教えてくれたりした。
あ、でもしいて言えば、飲みに行かせて頂いた時とかに可愛い一面を見せてくれるようになった。そういう一面を見れるのが嬉しい。
鳥海:気を張らなくて良くなったのかもね。「俺がしっかりしなきゃ」と思わなくて良くなったというか。

 

③鳴子くんの良いところを教えてくれると泣いて喜びます(愛媛県出身 ジュンさんより)。山下さんは3つ答えてください
鳥海:必殺技とかをひらめきのように見せかけて、実はクレバーだよね。勉強はできないけど、自転車に関してはすごく頭がいい。

山下:八重歯 ちっちゃくてかわいい(あともう1個見た目の特徴何だっけ・・・)。

と答えて「全部見た目かい!」とつっこまれる。すごく考えてる、にぎやか。

 

愛媛県出身ジュンさんは、たぶん鳴子の声優さんの福島潤さん

 

4期が決定です。これだけ作品が続く理由は?


鳥海:がむしゃらに頑張る熱意は人を惹きつける。そこが伝わったんじゃないかなあ。
山下:みんなまっすぐ本気なところ。最近は色々なタイプの作品があるけど、良い意味で昔からあるタイプの作品。それがうまく皆に伝わって、愛されているのではと。

下山:ジャパンカップの渡辺先生のサインコーナーとかにも、色々な年齢層の人が来てるんですよ。お子さんだったりとか、我々みたいなチャンピオン世代とか。

 

あと、後半の方でペダルの現場では小野田と今泉が一番付き合いが長い、坂道を自転車に誘ってくれたきっかけが今泉くん。という流れで、解説の下山さんが「同期ですね!」と山下さんを煽っていたのが面白かった。

鳥海さんもそれに乗って「同期です!」と同じく煽って、ひたすら困惑する山下さんw

確かにペダルの現場は、坂道以外のキャラはほぼ全員中堅~ベテラン男性声優さんなんですよね。そこに囲まれて、主役として演技しなきゃいけないのは超プレッシャーだろうなあ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(11/12)ちょっと内容修正しましたー!

鳥海さんと山下さんは二人ともノリが良くて仲良さそうで、色々ボケツッコミが楽しかったです。いやあ、ベテランの芸ですわ。
vol.3も行けるといいなあ。あんまり声優でこの人のファン!て人はいないんだけど、
松岡さんは奇行とかかなりの変人ぷりで個人的にちょっと気になる人です。